婚活で「年収1000万円以上」は高望み?【世帯年収】なら大丈夫!

婚活・女性

「婚活して結婚するなら、お相手の年収は1000万円以上欲しいよね~!」

「なんて言ってたら高望みだと怒られたよ…。身の程知らず?やっぱり無理なのかな?」

そんな悩みに答えます。

【結論】
管理職世代になった時の“世帯年収”で1000万円を目指そう!

詳しく説明しますね。

将来年収の高くなりそうな男性を狙う

年収の高い業種といえば、「専門職」「総合商社」「IT/通信」などでしょうか。

しかし、皆さん大学や院を卒業したばかりの20代の頃は、実はそれ程収入が高いわけではありません。
若いうちからコツコツ努力して30代・40代となっていくに連れて、年収も上がっていくのが一般的です。

そこで、今後年収の高くなりそうな20代男性を「青田買い」してしまうのはどうでしょう。

貯蓄やローン返済や子育てなど、若く体力のあるうちに結婚するメリットは多くあります。
年収の低い時代を一緒に乗り越えていけば、絆が深まり良い結婚生活になりそうです。

家事や育児の負担も考えよう

婚活で「年収1000万円以上」を望む時、なんとなくイメージは「エリートでお金持ちの男性と専業主婦の自分」でしょうか。

年収が高いということはそれだけ仕事が忙しいということ。
仕事で疲れ果て、家事や育児は妻任せ…なんてよくある話です。

しかし、夫婦共働きで年収1000万円ならどうでしょうか。

・年収700万の人と結婚し自分が年収300万程稼ぐ。家事や育児は話し合って分担。
・お互い500万ずつ稼いで家事や育児は半分ずつ、もしくは外注。
・自分がパートで100万ほど稼いで家のことはほぼ負担。

色々な選択肢が見えてきますね。

夫婦で協力して”世帯年収”で1000万円を目指す

婚活の場において年収1000万円以上の男性は少なく、競争率がとても高いことはすでに理解していると思います。

たとえば、「相手に専業主婦を希望する年収1000万の男性」よりも「相手に300万ほどの稼ぎを期待する年収700万の男性」のほうが見つけやすく、家事や育児にも若干積極的です。

自分は結婚や出産後も仕事を続けたいのか、自分が将来どのくらい稼げているのか。

自分の生き方についてもよく考え、お相手を選びましょう。

そもそも、なぜ「年収1000万円以上」が良いの?

一口に「年収1000万円」といっても、子供の有無・住む場所・遊興費などで生活レベルは変わってきます。

自分は結婚してどんな生活を送りたいのか?
どんな人生を送るために「年収1000万円以上」が必要なのか?

これらをふまえて人生設計をたて、婚活に挑んでみてください。
ぼんやりしていた結婚相手の理想像が見えてくるはずです。

「なるほど。なんとなくで年収1000万円以上の男性と結婚したいって思ってたかも。よく考えてみよう。」

以上、【婚活で「年収1000万円以上」は高望み?【世帯年収】なら大丈夫!】でした。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました